FC2ブログ

ランケネのポイント

2017/03/30
170330-lk.png

ランギスとケネルさん(キギさん宅) 部屋に二人掛けソファ的なものがあったらいいなと。

何となくランケネと呼んでるけどリバ余裕というか、どっちも「俺が攻めだ」と思ってそうなところがポイント!
ランギスは堅物でケネルさんは飄々としてるから一見相容れなさそうなんだけど、何だかんだ相手を全肯定してて
価値観の不一致すら楽しんでそうなところもポイント!

ケネル「またそんなこと言って、俺のことが大好きなくせに~~」
ランギス「それはこっちの台詞だ。俺に見捨てられないように精々頑張ることだな」
みたいな感じて、お互いに「こいつを幸せにできるのは俺だけだ」っていう確信がありそうなところもポイント!

アクバル「時にランギス、ケネルのどこが好きなんだ?」
ランギス「唐突ですね・・・顔ですが?」
アクバル「ほう?私がそれで満足すると思っているのか?」
ランギス「・・・失礼ながらお伺いしますが、子供の頃から共に過ごして、彼を好きにならない者がいるのでしょうか?」
アクバル「ウッ 今のは刺さった・・・さすが我が国の議長・・・!」
スポンサーサイト



comment (-) @ 未分類

22歳コンビ

2017/03/29
170329-sr.jpg

アクバル&ルングさん(カジーさん宅)
ルングさんはねえ、優しそうな顔してるけど強いし、脱いだら凄いんだから!(何

カジー先生プレゼンツの少年アクルン設定が可愛くて眩しくて・・・小さい頃から一緒というのは偉大だなあ。
アクバルは他人との距離がいちいち近いけど、それに一番動じないのはルングさんなんじゃないかと思った。

少年アクバルが剣の稽古にすぐ飽きてしまうのは、オルダー将軍とアクバルではレベルが違いすぎたからかもしれない!
だからルングさんが相手をしてくれるようになってから楽しくなったんだろうな。お互いどんどん強くなっていくの。

将軍「アクバル様、最近は稽古に身が入っておられますね」
アクバル「うん!ルングには負けられないからね」
ルング「ふふふ、ぼくももっと練習しないといけませんね」
アクバル「よーし今日は負けた方はお菓子抜きだ!」
ルング「え!?それは困るな・・・本気でいきますよ!」

年齢が上がるにつれて勝てなくなっていくアクバルですが、ルングさんと剣を交えるのは変わらず好きなので、
王様になってからもたまに稽古つけてほしいです>< さもなくば軍の練習中に乱入する><><

アクバル「ははは!やはりルングは強いな!私の背を預けるのに相応しい」
ルング「アクバル様、光栄です・・・が、あまり無茶をされませんよう」
comment (-) @ 未分類

オムスター

2016/11/01
161031-o.jpg

イメージ固まってきた
唯一の友人よろしくおねがいしますバター炒めwwwww
comment (-) @ 未分類

オムスター(古代企画)

2016/10/30
161030-o.jpg

決定稿ではありませんが、だいたいこんなイメージ。
また褐色肌になってしまったけど海の男だから仕方ない><

・腕のいい漁師だが愛想が悪く、単独行動を好む。
・唯一の友人であるカラドナさん(きのぎさん宅)の紹介で王宮に出入りするようになる。

カブトプスさんの詳細待ってまああああああああああす(ハート)
comment (-) @ 未分類

学パロ古代

2016/09/10
160910.jpg
comment (-) @ 未分類

古代王国の名前

2016/08/19
「ヴィタラムザ」なんてどうでしょうか?
由来はギリシャ文字のβ(ベータ)とλ(ラムダ)・・・アルファベットのBとLに相当(笑)
参照:ギリシア文字
comment (-) @ 未分類

スカラの生い立ち

2016/06/29
5773bfc2ux1wNULp.jpg

・ごくごく普通の家庭に生まれたが、物心付いた時から生き物の体の構造に興味を示し、
 動物の死体を見つけては解剖をするような子供だった。
・その為周りの人間から気味悪がられ、扱いに困った両親が師匠(有名なお医者さん)に相談。
・師匠はスカラの才能を見抜き、弟子として迎え入れた。(当時10歳くらい)
・弟子入りして医術はどんどん上達したが、それ以外の生活能力は低いままだった。
・師匠と一緒に王宮に出入りしていた為、アクバルとも面識があった。
・一人で往診に行った際、突然フウリ君(カジーさん宅)に弟子入りを申し込まれ、
 特に拒む理由がなかった為二つ返事で承諾。(当時15歳くらい)
・師匠も面白がり、スカラの世話焼き係りに丁度いいと言ってフウリ君を迎え入れた。
・フウリ君との暮らしに慣れた頃に師匠が他界し、自立せざるを得なくなった。(20歳くらい?)
・いろいろあって(決めてない)王宮専属の医者になった。


師匠とフウリ君との3人暮らしを想像すると眩しい。ドタバタしてそうで。
この期間でスカラは一気に人間らしくなった(当社比)のだと思います。
フウリ君の水を凍らせる能力を見て凄く喜びそう(゜▽゜)そして氷が好物になったのだな~
師匠のお墓参り、是非一緒に行ってほしいです。シリアスかつホットなふーすかに期待////

前に師匠に言われました。お前は誰も愛さずに死んでしまうんじゃないかって。
 でも僕は師匠を愛していたんです。この気持ちは届いていたんでしょうか?

ふーりくんには今のうちに言っておきますね。僕は君のことを愛しています。それを忘れないで。

 
comment (-) @ 未分類

古代プロフィール更新

2016/06/29
160629.png
comment (-) @ 未分類

フウスカ

2016/06/12
カジー先生のフウスカ設定が素晴らしすぎて生活に支障が出てきています。
(眠れない、仕事中に思い出してにやけてしまう等)
だって、脳内で「好きだよ」・・・!?これほど電波受信できて良かったと思える案件もないで!!
スカラは心の声も実際に喋ってるのも区別しないので、普通に返事させますね。
ちなみに電波が悪い(物理的に遠い?)と明瞭には聴こえません。
フウリ君は一見クールだけど、心の声まで聴いてるスカラからしたら、ひたすらに暖かい人なんだろうな~

アクバル「フウリは妙にあっさりしているが、上手くいっているのか?」
スカラ「そうですか?フウリ君はどちらかと言うとこってりしていますよ。サパには及びませんが。」
アクバル「ほほう!どんな風にこってりしているんだ???」
スカラ「忙しくても僕が求めればモガッ」
フウリ「そこまでだ先生」
と後ろから口を塞いでいただきたく存じます。

スカラは馬鹿正直だから聞かれたら平気で惚気そうだなあ。惚気ている自覚もなしに。
あと一人称は私→僕に変更します^^迷った末に私にしたんですが、やっぱり僕の方がしっくりくる。

「・・・・・・・・・・・・・・・まだ診察受付時間終わってないけど」の時にスカラが何をしていたのか
めっちゃ気になるんですが・・・とりあえず脱いではいるんだろうけど・・・
心拍数を直接測るの名案ですね。だからスカラはインナー着てないのでは・・・(゜▽゜)

comment (-) @ 未分類

みんなのプロフィールまとめ(古代王国)

2016/06/11
160611pro.png

キャラが多くなってきたのでエクセルでまとめてみました^^年齢順とか身長順で並び替えるのが楽しい。
ヤヤイとスカラの身長も決めたけど、一番小さいのはイミたんなのでご安心下さい。

設定が空白になってるところ、私が忘れてるだけだったらすいません><
既に決まってましたら今度教えて下さい!
comment (-) @ 未分類