FC2ブログ

ブティックにて

2010/05/07
100507.png

店員「これなんか似合うと思うな~
妹「わあ素敵ですね、お兄様!
兄「今の服でも十分素敵だと思うけどなあ(金銭的な意味で)

オウミたん(螢夏さん宅)が鳥屋敷に押しかけて来てくれた時は、
オオツを引っ張ってお買い物に出かけて欲しいなって>< ※願望
あ、この身長差は怪しいです、遠近法失敗しました^
ぎゃー螢ちゃん、オオツの兄弟、更に考えて下さいます!?下さいます!!??是非ともおおおおおお

ひょんな事からコト→オオツなんてどうだろうかと考え始めたら楽しくなってきたので
え!?まさかまさか、あんなのお兄様とはかけ離れてるし・・!」みたいな感じで
本人も認めない片想いをさせることにしました^^ようこそ片想い屋敷へ
第一印象が悪かった分、ちょっと良い一面を知っただけで評価がぐーんと上がって
うっかり好きになってしまったパターンで・・ 嫌にリアルだな・・・

オオツのちょっと良い一面例>>
鳥屋敷で兄の手伝いを(勝手に)していたら深夜になり、兄もいつの間にか寝てしまっていたので
こっそり帰ろうとしたコトですが「誰だ」「きゃっ」「何だお前か、何やってんだよ」
「オオツさん・・あの、すぐ帰りますから」「帰る?一人で?」「はい」「泊まってけばいいだろ」
「いえ、明日は朝から用事があるので」「・・・ったく、ちょっと待ってろ」「え?」「送ってく」
「え!?いいですよ、そんなに遠くじゃないし」「いいわけないだろ、こんな時間に」
                                                      ・・・つづく
2人は同い歳(19)なので、コトもそのうちタメ口になります

一気に盛り上がりすぎたww
comment (-) @ 未分類
一人延々と絵チャログ | タイトルなし